前へ
次へ

産休後のキャリアを考えて働ける薬剤師の強み

仕事によっては、寿退社や出産を控えて退職をするという女性もいる中で、薬剤師というのは産休後のキャリアも見据えて働くことができるというのが最大の強みと言えます。それぞれの人の生涯設計によって離職することも、産休をしつつ仕事を続けることも可能です。産休というシステムがあるので、その仕組を利用して働き続けることができます。その一方で、産休に入る前に一度退職をし、何にもとらわれることなくマタニティーライフを送るという選択肢を選ぶということもできます。それは、薬剤師という資格職だからこそできることです。なぜなら、出産を終えて仕事を探そうとしたときに、資格があるのですぐにでも正社員に復帰することができるからです。他方で、子供が小さいうちはパートや派遣といった雇用形態で仕事をするという選択肢も考えられるのが、薬剤師の強みと言えるかもしれません。産休を経て同じ職場で働き続けなくても、心機一転、新しい職場で再就職を目指すという選択肢も考えられます。さらに、仕事を一旦休んで子育てに専念するということも可能です。産休が空けると否応なく職場に復帰しなければならなくなり、仕事の量も自分で調節することは難しいです。その点、一旦仕事をやめてしまっても、資格があるのでいつでも好きなときに復帰することができるのが特徴です。産休明けにいきなりフルタイムで働くのは少し厳しいなと判断したら、環境が落ち着くまで専業主婦をし続けるということもできます。もちろん、産休明けからバリバリと働き続けたいという人の場合は、すぐにでも社会復帰を目指すことができるのも魅力です。このように、資格があるということで子供が生まれたあとの働き方を自分で選ぶことができるのが最大の強みと言えるのです。正社員の働き口も多く、また、希望をすればパートタイムや派遣といった形で働くことも可能となっています。産休後の生活を見据えて、働き方を変えられるのが薬剤師の魅力です。

治療計画は患者様とご一緒になって進めます
体調やライフスタイルを考慮した歯科治療計画をつくります

インプラント+矯正治療を名古屋の皆様にお届け

歯学部特化のCBT対策ならオールデンタルオフィス

東京・横浜で歯学部生の留年サポート

切らずに治す治療法もあります
痔や脱肛は医療の進化により切らない手術で対応することができるようになりました

Page Top